環境活動

大津板紙株式会社 ISO14001環境方針

大津板紙株式会社は、板紙の製造会社として古紙のリサイクルにより社会が求める製品及びサービスと信頼を持続可能な形で提供しつつ、地球環境と調和した豊かな生活・文化・社会の創造を目指した活動を展開します。

  1. 自主的な環境保全活動を推進するため、環境マネジメントシステムの維持向上に努め、外部環境の変化に対応した環境リスク対策と、環境負荷の継続的改善を図ります。
  2. CO2排出量の削減を目指して、古紙の高度利用、省エネルギーの推進向上によるリサイクルの推進、産業廃棄物の的確な分類、生物多様性の保全等に努め、地球環境保全並びに持続可能な循環型社会の形成に貢献します。
  3. 環境事故・クレームを予防するため、外部環境の変化に対応したリスクを先取りした環境保全活動を展開します。
    〈環境保全活動の3本柱〉
    1) 環境保全活動に対する社員の「意識と知識」の向上
    2)異常の兆候をとらえ正常に運転できる「操業方法」の確立
    3)機能を正常に発揮できる「設備」への改善
  4. 社会や地域における環境保全への支援、協力活動を積極的に行い、社会に貢献します。また、地域住民や行政機関と積極的にコミニュケーションを図り、地域と良好な関係を維持します。
  5. 法令・社会規範・社内規則の遵守、並びに「倫理規定」に基づく行動の遵守を徹底し、社会から信頼される企業であり続けます。
  6. 環境方針を達成するために、事業活動を定期的に環境影響評価し、環境目標を設定して環境活動を推進します。また、環境マネジメントシステムの継続的改善を図ります。
  7. この方針を全従業員が理解し行動すると共に、必要に応じ利害関係者にも公表します。

2018年4月1日

大津板紙株式会社

代表取締役社長 奥山 裕

【大津板紙株式会社環境報告書】が、下記の「大津市かんきょう宝箱」のページからご覧いただけます。

  1. 協定締結事業場から提出された環境保全活動実施状況の報告書
  2. 「大津市かんきょう宝箱」のトップページ

当社製品倉庫である石山物流センターにて太陽光発電開始 (2013年3月)

石山物流センター写真

古紙のリサイクルを通じて環境保全に取り組む当社のシンボルとして
石山物流センターにソーラーパネルを設置しました。

  1. 年間227,600KWHを発電し、70.6tのCO2を削減。
  2. 本社及び工場受付にモニターを設置し、発電量等をモニタリング。

天然ガスコージェネレーション(熱電供給)システム導入

天然ガスコージェネレーションシステム

省エネルギーの推進と環境負荷を低減する為に、天然ガスコージェネ
レーションシステムを2004年に導入し、従来の重油ボイラーを廃止しました。

  1. 天然ガスコージェネレーションシステムにより、年間のエネルギー消費量を原油換算で11%削減すると共に二酸化炭素(CO2)の年間排出量を34%削減。
  2. 硫黄酸化物(SOx)の排出量はゼロ、窒素酸化物(NOx)の排出量半減を達成。
  3. 自家発電は1時間当たり8,250KWHから13,250KWHへ、5,000KWHの発電量UPに成功。
  4. 発生した蒸気を発電タービンへ送り込んで発電すると共に板紙の製造
    工程にも活用。
  5. 全ての操作を中央操作室のコンピュータで一括操作・管理。

排水処理システム

環境にやさしい板紙の製造・販売を行っている大津板紙では、さらなる環境保護への取り組みとして大いなる湖「琵琶湖」の水質保全に
貢献するため高度な排水処理システムを構築しています。

排水処理系統図解
  1. 1次処理 -【加圧浮上分離処理】
    工場で使用した水に混入している繊維を凝集剤と空気の気泡によって物理的に浮上分離。
  2. 2次処理 -【超深層曝気式活性汚泥処理】
    超深層曝気による活性汚泥処理装置「ディープシャフト」は好気性バクテリアによって有機物を分解。

    美しい琵琶湖を守るために使用した1日2万トンの水を
    クリーンな状態にして、琵琶湖に返しています。
排水処理設備